トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

好き (0.43KB)

ライン (4.75KB)
―言葉―

無限の可能性を秘めた 繊細な 言葉が 好き


―感覚―

第六感なる 存在の有無も分からない 感覚が 好き


―君―

幸せそうに夢を語る 君が 好き

皆に 笑顔を分け与える 君が 好き


―雨―

鮮やかな虹を創る 霧雨が 好き

哀を感じさせる 柔らかな 小雨が 好き


―世界―

雄大な草原を駆ける チーターが見る 景色が 好き

大空を翔る 鳥だけが知っている 世界が 好き


―風―

走ったときの 風を切り裂くような 感覚が 好き

私の側を そっと吹き抜ける 心地よい 風が 好き


―音―

落ち葉を踏んだときの 何処となく懐かしい 音が 好き

トンネル内に 自由気ままに響き渡る 電車の 轟音が 好き

思わず 口ずさみたくなるような 流れよい 音符たちが 好き


―自然―

清冽な小川の 優々とした せせらぎが 好き

私たちを包み込んでいる 青く澄んだ 空色が 好き


―花―

桜の花びらが散り 春を感じさせる そんな瞬間が 好き

雨に濡れても 泣かないで笑っている 紫陽花が 好き

秋を カラダいっぱいで表現する 紅葉が 好き


―花火―

短い生命を 儚げに魅せる 線香花火が 好き


―星―

夜空から 昔々の光を届けてくれる 頑張り屋な 星が 好き

流れ星という言葉が持つ 夢叶いそうな 雰囲気が 好き


―夜―

誰もいない 夕闇に包まれた小さな公園を 一人横切る ときが 好き

音を知らない 子供っぽい 夜道が 好き


―手―

幼い子どもの手を ぎゅっと握り締めている 優しい 手が 好き


―人―

己の非を 直ぐには認めようとしない 友人が 好き 

お節介でお喋りな こってりした 小母ちゃんが 好き


―籠球―

ワックスの効いた体育館内に 響き渡る バスケットシューズの 摩擦音が 好き

放ったボールが ゴールネットの真ん中を 見事に貫いた瞬間の 全てが 好き


―関西弁―

「なんでやねん」って 言葉の 響きが 好き


―感謝―

私の稚拙な文章を 最後まで読んでくれた アナタが 好き

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2005年 − あどけない微笑み

◆ 紗 − 囁くことさえ知らずに

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system