トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

流れ星 (0.68KB)

ライン (4.75KB)

塾の帰り、閑静とした住宅街をとぼとぼと歩く。上を見上げると紺色の夜空が広がっていて、星たちが煌々と輝いている。

紺色の夜空を一筋の光が、さまよい流れて、闇の中に一本の線を描く。

僕にはその光が今にも死にそうで、徐々に薄れていくのがすぐに分かった。僕はとっさに目をつむり、手のひらを合わせて、願い事を唱えた。

「あの光を助けてください」

「あの光を助けてください」

「あの光を助けてください」

ゆっくりとまぶたを持ち上げて夜空を仰ぐと、勿論そこにはもう・・・いない。

ひどくがっかりし、深いため息をつき、帰り道をとぼとぼ歩き始めると、僕の背中を押すかのように風がそっと通り抜けた。その風がなんだか気になって、行き先をおぼろげに辿ると、そこにはついさっき見たばかりの夜空が広がっている。紺色の夜空には、相変わらず流れない光の粒が沢山散りばめられていた。

何か先ほどと違う気がする。

僕は光の粒たちが何かを伝えたそうに、先ほどよりも強く、きらきらと輝いているような気がした。

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 掌編集 − 悪戯な瞳

◆ 2006年 − そっと手をつなごう

◆ 奈 − 何度でもあなたに恋をする

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system