トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

私の話、聞いて下さい。 (1.45KB)

ライン (4.75KB)
星の恋は、もっと残酷です。
人の恋より、ずっと辛いのです。



地球のサイズなんて、
たかが知れています。
想いを届けられる距離、
ただ、その幸せを知って下さい。

どれ程恵まれているかを、
決して理解する事もなく、
また想い伝える事もなく、
人は恋を朽ち果てらせます。

なんて贅沢な悩みなのでしょう。
なんて愚かな行為なのでしょう。
なんて欲深き生物なのでしょう。
そう、私は思います。



星の恋の片道は、
十年、百年、千年、万年…
例え、私たちの寿命が長くとも、
この時間は長過ぎます。

因みに、私の恋の片道は、
四千年です。

私が恋した彼は、
今の彼ではなく、
四千年前の彼なのです。

彼が思い描く私もまた、
今の私ではなく、
四千年前の私なのです。

とは言え、私はまだ幸せな方です。
何故なら、両思いなのですから。



片想い程、辛いものはありません。

思い切って、告白をしたとしても、
届くまでには大層な時間が必要です。
更に、返事が帰って来るまでには、
その倍の時間が必要です。
その間、張り裂けそうな胸と、
ずうっと一緒に過ごすのです。

その為、誰も恋をしたがりません。
恋の素晴らしさを知ろうとはしません。
恋自体は、とても素敵なのに、
と思ってしまいます。

皆、目立つ苦しみにだけ、畏れているのです。
恋の素晴らしさを、味わおうとはしないのです。

…星もまた、愚かです。



しかし、恋に生きる星もいます。
だから、今日も宙(そら)で、星が流れます。

夜這い星です。

たった一度会う為だけに、彼らは流れます。
星は一度流れると、二度と止まる事は出来ません。
ですから、人生の全てを掛けて流れます。

『きっと、一緒に流れてくれる』
そう信じて、会いにゆくのです

最初で最後の顔合わせになるかもしれません。
約束をしたとしても、裏切られるかもしれません。

結末は、最後の最後まで分かりません。



星の恋は、もっと残酷です。
人の恋より、ずっと辛いのです。

それでも…

恋に生きる星がいます。
今日も宙(そら)で、星が流れます。



さて、この辺で私の退屈な話も終わりです。
そして、皆さんと「サヨナラ」をしなければなりません。

私も、愛に生きようと決めました。
今から、逢いに行こうと思います。

きっと彼なら、私を受け入れてくれます。
そう、強く信じています。

それでは、さようなら。



どうか見届けて下さい。
私の生き様、流れる様を…

どうか見届けて下さい。
余裕があれば、願いも叶えますから…



恋に生きる星がいます。
そして、今日も宙(そら)で、星が流れました。

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2007年 − 今、愛に触れたよ

◆ 和 − わたしの幸せの人

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system