トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

ある紙切れの一生 (1.25KB)

ライン (4.75KB)
他愛もないことを書き連ねた
一冊の本の中に
恋する紙切れが一枚
ひそやかに紛れ込んでおりまして
愛する人の名を
探しているというのです
もう随分のこと
探しているというのです
幾万冊の中を
数など
すっかり忘れてしまったというのです
本当は何もかもを
とうに忘れていたというのです
愛する人の名前以外の
一切のすべてを
捨て去ったというのです

時代を越えるとは
そのようなことなのでしょうか
恋に落ちるとは
そのようなことなのでしょうね

一枚の紙切れは
明くる日も
明くる日も
連綿と続く文字の中から
あなたの名前を探すのでしょうか
あなたの名前を呼ぶのでしょうか

連綿と続く文字の中から
あなたの名前を探すのでしょうね
あなたの名前を呼ぶのでしょうね

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 亜 − あなたと愛し合えるなんて

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

□ オリジナル詩集 − 巡り会うとき

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system