トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

林檎を見下す林檎 (1.48KB)

ライン (4.75KB)
スーパーマーケットの
棚に並べられた私たち
小さな世界で
勝つか負けるか
ギリギリの生存競争
繰り広げる

売れてゆくことが
此処では幸せとされ
選ばれることは
それつまり
他を見下して
優越感に浸れること
と 等しい

ある日 私もついに
その中から選出された
抱くは解放感
満ちるは幸せ
見下すは他の林檎たち

けれど 何でなんだろう
不思議と違和感があった
他の林檎たちを見下すことに

全然 幸せなんかではなくて
むしろ 他の林檎たちと
離れてゆくことを
とても寂しいものに感じた

もしかしたら
私たちの認識は
間違っていたのかもしれない

と 気付いたときには
もう手遅れだった

出来ることならば
元居た棚に戻って
真実を伝えたかったけれど
それは出来なかった

何故なら私は
レジに通されて
選んだ客に買われて
籠から出されて
袋に詰められて

スーパーマーケットを
二つ目の故郷を 出て
見知らぬ何処かへと
連れて行かれてしまったから

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 裸 − 乱雑な愛でもいいけれど

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

□ オリジナル詩集 − 林檎の風味

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system