トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

さようなら (0.7KB)

ライン (4.75KB)
林檎は男に食べられながら
自らの命の奪われゆく中で
嬉し過ぎて 泣いた
わんわん 声を荒らげて泣いた
遠慮なく 格好悪く泣いた
そんな事は構わなかった
この際 どうでもよかった

林檎は思ったのだった
出荷された他の林檎たちよりも
贅沢な人生を送れたのでは
そう思ったのだった

今まで抱かなかった感情が
次々と生まれ 膨らみ 満たし
その度に溢れ 零れた


そうして

林檎はとうとう
この世界から
消えて

いなくなった

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 紗 − 囁くことさえ知らずに

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

□ オリジナル詩集 − 林檎の風味

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system