トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

満月の夜にはコスモスの花言葉を (2.18KB)

ライン (4.75KB)
強がりに我慢
見抜くには
どうすればいいの

ともに痛み
苦しみ
分かち合うには
どうすればいいの

辛いときの気持ちを
解ってあげられない
許して
もどかしく口惜しい
夜空が濡れていく


満月がやわらいで
コスモスのように
咲き誇れば

美しい

それを切ないと感じるのは
あなたが隣にはいないから




あなたの苦しみや
日々の痛みが
そのまま私に伝わって
分かち合えればいいのに

私の喜びや
大き過ぎる幸せを
日常にも溶け込ませて
プレゼント出来たらいいのに

頑張っているあなたに
頑張れとは言えない
許して
見守り祈るだけの私
夜空に心を寄せる


満月がゆらめいて
コスモスのように
微笑むたび

美しい

それを切実に願うのは
感動を持て余してしまうから




ラララ

満月がかたりかける
二人はどこかで
繋がっている
感動を抱くたび
思い出すのはあなたのこと

ダカラ

満月がかがやいて
照らして欲しい
真の心
乙女の純潔に
今、生まれ変われたなら

ラララ

満月が凪ぐように
コスモスのように
振り返る

あなたが好き

胸を締め付けて
ただ、あなたの力になりたい、と―




満月を手で隠す
半分足りない
コスモスの花でも

美しい

だからお願い
もう半分をあなたの手で


*


次に会ったとき

手と手をむすんだとき

私たちははじめて

一つのコスモスになるから

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 歌詞集 − 愛の音を奏でたいのに

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 麻 − まるで独り言のように

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system