トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

赤い糸 (0.55KB)

ライン (4.75KB)
緑色のまあるい太陽に
黄金色の大海原
群青色の砂浜の上を歩く 二人
見つめ合い
まるで貝殻のぶつかるように
軽やかに
微笑みを交わす

真っ赤な紐で固く結ばれた小指
引っ張り合いっこする
ずきんと痛むのは
恋をしているから
黄土色の電柱がそう教えてくれた
優しい色だった

引っ張り合いっこ
二人は遊ぶことをやめない
幸福が生み出す痛みは
あくまで心地よく
馬鹿げて明る過ぎる世界へと
浸透していく
から

*

別に
二人だけの世界
望むわけではないけれど
人とは違う世界を感じて
二人きり
味わっていたい
いつも思うこと

*

桃色の柔い微風は
二人の隙間を埋めてゆく
紫色の野山が嫉妬するたび
仕方なく少しばかり
真っ白の愛情を分けてあげる
凛々しい横顔に
見惚れる

*

真実の愛を語れるようになるのは
ずうっと先の事
まずは知ること
互いに
互いを
語り明かすこと
日々を費やし
分かち合うこと

*

橙色の夜が訪れ
二人をそっと包み込むと
黄緑色したお月様が笑う
少しだけ不気味
でも気にしない
原色も
そうでない色も
思う存分に
好きなように
鮮やかに塗りたくる

そうしなければ
そうしなければ
一際目立つこの赤い糸を
上手く誤魔化すことができない
紛らわすことができないから

他の人に知られるのは構わなくても
正直なところ
あまりにあからさまなのは
恥ずかしい
恥ずかしいから
小さく抵抗をしてみせる

*

色鮮やかな世界から

何ともくすぐったい思いで

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 亜 − あなたと愛し合えるなんて

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system