トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

フリースロー (0.57KB)

ライン (4.75KB)
与えられた時間 五秒間
未熟な精神 研ぎ澄ます
手に馴染んだ ざらざらとした肌触り
それから 不器用な思い遣り

僅かにべた付つく バスケットボール
縫い目の心地よい 感触
胸を満たす 汗と努力
それとなく鼻をかすめる
一時 静まり返る声援
耳を抜ける 選手と審判の息遣い
高鳴る僕の鼓動
生きているということ

バスケットゴールのずっと奥深く
ただ一途に見つめる
必ず入る
そのイメージだけを抱く
多くの力を借りる
五本の指に力を込める
軽く屈伸
全てが一つなってしまったかのような
淡くうっすらと洗練された 感覚
それら全てを解き放つ
全身の細胞たち
思い起こす 今までの練習の日々

回転するバスケットボール
バックスピン
重力を操るように
美しく描かれる放物線
ゴールネットのど真ん中
吸い込まれるようにして 貫かれるその瞬間
聞き慣れた爽やかな音
息を吹き返した 声援
沸き起こる 喜び
一得点の重み
重み

そうして僕はあくまで小さく
胸の中では大きく
ガッツポーズ

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 葉 − 裸足の足をぶつけ合いながら

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system