トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

さようならの歌 2 (1.15KB)

ライン (4.75KB)
ここだけの秘密ですが

     *

老いた屋根も カラスの歌うさようならの歌が好きです
誰にも言ったことはないようですね
カラスも 梟も 鼬でさえも知りません
内緒ですよ
彼の名誉ためにも

誰しも気持ちを公言するには
いたいけな花の勇気が必要です
花の勇気は平等に分け与えられていますが
誰しもが花の勇気の在り処を
探り当てているわけではありません
別々の場所に隠されているためです
つまりは

 誰しも立派に振舞える

なんてことはないのです
全く落ち込む必要はありません
みんな みんなそれでいいのです
本当は分かり切っていましたね

 個々は別々の歌を歌っています

ただ一つ 覚えていて欲しいのです
これは砂場の婆ちゃんの口癖です

 好きなものを正しく好きといえるのはね
 子どもにとってはね
 大人に近づくための硝子の靴になるんだよ
 大人にとってはね
 子どもであり続けるための唯一の魔法なんだよ
 忘れちゃいけないんだ
 頭の片隅でいいから
 大事に飾っておかなくちゃいけない

 いいかい

 分かったかい

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 紗 − 囁くことさえ知らずに

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

□ オリジナル詩集 − 巡り会うとき

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system