トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

寄り添う影 (1.04KB)

ライン (4.75KB)
暮れなずむ頃

影の輪郭は次第に薄れていき
一日の足取りはおぼつかなくなり
仕舞いには何となくで
街全体が一つになってしまう


自己主張も
存在確認も
暖簾に腕押し

内側からの悲痛な叫び声は
地球からは飛び出さず
決して地を響かせることなく
居座り続けている


けれども それでもまだ
僕ら二人の影は諦めることなく
凭れ合い 重なり合うことで

誰よりも強く
何よりも深く

色濃く

此処にいるよ

って


幼い子どもの
悪あがきみたいに
いつまでもしつこく
だだをこねていた

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 夜 − 約束は数え切れない

◆ 松 − 砂糖漬けの私

□ 選集 − 運命の流れ星

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system