トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

蜜柑 (0.53KB)

ライン (4.75KB)
さも愛しそうに
皮を剥ぐ
瞳は潤っている
触れ合えてしまうこと
部屋中に充満する
瑞々しい香り
鼻腔からかすめとり
サインペンで名前を書き記す
表皮に守られた花弁の一枚一枚
極々有り触れている
私

食す
穏やかな心持ちで賞味する
咀嚼する
喉の表面をすべらすように
意識しながら

物心ない頃から続く
親しみある甘味
珈琲の芳香にも似た
仄かな酸い味
大人しく従い
習う

最後に残ったもの

それは私が
蜜柑ではない
ということだけ

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 麻 − まるで独り言のように

◆ 鶴 − 憧れは際限なく

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system