トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

雨靴 (0.58KB)

ライン (4.75KB)
幼児は傘をくるくる回す
雨の日は楽しいのだ
たとえ雨靴の中に水が染み込んでも
そのすべてが嬉しいのだ
日常の中に置き忘れられたはずの
生暖かい感情が
次第に息を吹き返していくから
そうやって雨は上がるから
誰もが喜びに腹を抱えるから

水たまりも
いつしか
誰かの喉を潤すのだ

雨靴の中の汚れた水でさえ
いつしか
誰かを救うのだ

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 亜 − あなたと愛し合えるなんて

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

□ オリジナル詩集 − 巡り会うとき

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system