トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

嬉し哀し愛しの影遊び (1.72KB)

ライン (4.75KB)
夜が仕事を始めると
母が心配を胸に抱くから
僕はすぐにでも
帰らなくちゃいけなくて

だけどこの手は
この手だけは
絶対に話したくなくて
勝手に決め込むようにして
大切に握り締めていた

君も同じだったら―

そんな風に考えては
一人恥ずかしくなったり
馬鹿らしくなったりした

それでも君と繋がれた右手だけは
意識して離すことなく
いつまでも握り締めていた

二人でいられる時間を手放すのが怖くて
奪われるのが怖くて
不安で仕方がなかった
見て見ぬ振りをして
上手くやり過ごせたのなら
きっと僕はそうしたと思う

でも
そのとき君は言った

言ったんだ

私たちの影を見てよ って
たとえ手を離してしまっても
繋ぐ方法はあるんだよ って
ほらね って

それが僕には嬉しかった

思わず大粒の涙を流しそうになるくらい
たまらなく嬉しかった
たまらなく満たされた

それで少し哀しい気持ちにもなって
どうしてもこらえられずに
小粒の涙を流した

左の目から本当に小さく
たったの一粒
だけ

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 亜 − あなたと愛し合えるなんて

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system