トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

雪の涙 〜if〜 (0.87KB)

ライン (4.75KB)
もしも

(あくまで、もしも)

降り積もった雪の細部にまで
一粒、一粒にまで
愛情が込められているのだとしたら
感情が隠されているのだとしたら

春は雪たちの思い遣り
とびきりの優しさで
出来ているように思う

だからこんなにも
生に暖かくて
胸に心地のよい
馴染みのある風を

人肌の温もり
穴の開く恋しさ
芯のある祈りを
教えてくれている

だから僕らは
彼らの一番に敏感なところ
目に見えない細い神経に
触れてしまっていて
その度に驚きや
美しいというべき感動で
胸を震わせている

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 夜 − 約束は数え切れない

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system