トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

晴れ時々 (0.82KB)

ライン (4.75KB)
砂浜の海岸沿いを
ゆるりと迎え入れるとき
香る潮風を浴びるとき
無意識に足跡を残すとき

いつだって
私の隣には貴方がいます

支えるようにして
互いに凭れ合えば
ただそれだけで
人見知りをするはずの心は
慣れ親しんだ温もりを迎えて
淡く解けていき
愛の中で満たされてゆきます

けれど何時間を費やしても
決して恋だけは
満たされることはないのです

ですから幾度となく
晴れ時々見上げて
微笑みを重ね合います

そんなしあわせを
いつまでも
いつまでも
たいせつに

大切にしていきたい私です

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 葉 − 裸足の足をぶつけ合いながら

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

□ オリジナル詩集 − 酒と満月と女と

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system