トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

ふとしたときに (0.92KB)

ライン (4.75KB)
私はいつでもあなたの前でだけ
子どもや大人の全く関係ない
強いては性別のしがらみさえない
世界を生きていると感じます
生き抜いていけると感じます

それはたとえば
私が女性に生まれていても同じこと

私は男性のあなたと出会い
ごく当たり前のように
身もだえするような切ない恋に落ちて
最終的にあなたを
深く愛することになるからです
そう理解してしまうからです

かけがえのないあなたが
何よりも大切であることを
どうしようもなく気付いてしまうからです

今まさに男性としての私が
女性としてのあなたを
偽りなく愛しているように
それと何も違わないかのように

私はあなたと二人
同じ時間を共有し 過ごすとき
ふと そんなことを思います

ふと そんなことを思うのです

自惚れでも
自惚れでなくとも

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 葉 − 裸足の足をぶつけ合いながら

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system