トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

愛という名の (0.91KB)

ライン (4.75KB)
水

指の隙間から
零れ落ちるように見える
それは
実はとめどなく
溢れていて
むしろ僕は
溺れてしまいそうになるけれど
いくらその中に身を投じても
守られている実感しか
抱けはしなかった

*

水

僕はそれを守りたくて
離さないままでいたくて
何度も何度も
頭では無理と解っていても
抱擁を試みてしまう

一度、取り込めばいいのだろうか

もし、そんな事が可能ならば
口移しでこれを
この水を
君に与えたいというのに

*

水

一つ思い出すのは
果てしなく遠い海の記憶
底の知れない深い蒼の記憶

本当は光なんて一切届かなくても
あたたかいものは溢れて来るということ
まるで今の今まで
一枚の木の葉によって
蓋をされていたかのように

*

水

生まれ出でる前に一度
僕らはそれと出会っていたというのに
それが愛だとは気付かずに
忘れ
果てて
生まれて来てしまったのかもしれない

だから懐かしい波の音にも
残された足の跡にも
気付かない振りをして
歩いてしまいがちになる

風が消し去ったものを
本当はそこに残されているものを
確かに美しいものを
見落としてしまいがちになる

そのことに日々
胸を痛める

*

水

守りたい
僕はこの手で
掬えもしないそれを
掴んでいたい
確かに全身で
凡ての心の中で
抱き留めていたい

元気のない日も
元気のない君にも
愛という名のそれを
注ぎ続けてあげたい

そう在れる僕でありたい

*

水

記憶の奥深くへと
あたたかな懐かしい場所へと
あなたの頬へと
落ちていった

一滴のそれ

心を湿らせるそれは…

*

愛という名の

*

あいというなの

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 亜 − あなたと愛し合えるなんて

◆ 松 − 砂糖漬けの私

□ 選集 − 運命の流れ星

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system