トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

野生の巣 (0.77KB)

ライン (4.75KB)
空を仰ぐ途中に
焦げ茶色の小さな巣

じっと見つめていると
鋭い悪寒が
背中の裏側を這った

あの小さな巣は
小さいなりに
生きるために必死で
目には見えない色を
生命の息吹を
一切の遠慮もなく
纏っていた

鼓動を剥き出しにしてまで
守りたいものがある
その優しさゆえの強さを
僕は見習いたいと
その時、心から思ったのだった

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2008年 − 海底のラブソファ

◆ 夜 − 約束は数え切れない

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

□ オリジナル詩集 − 巡り会うとき

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system