トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

落下する夕方 (1.12KB)

ライン (4.75KB)
オレンジの雲が
透き通って見える
厳しい寒さに
身が震える
冬に実感する一人は
まさに一人で
控えめの風もなく
誰の抱擁も存在しない
落下していく夕日に
まるい共感を抱く
近くの公園の
恐らくは赤かったであろうブランコが
ぎいぎい
啜り泣く声が届く
色を失っていく遊具もまた
誰の抱擁も受けずに
落下していく

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2009年 − 恋猫子猫

◆ 裸 − 乱雑な愛でもいいけれど

◆ 松 − 砂糖漬けの私

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system