トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

貴石 (0.44KB)

ライン (4.75KB)
山の麓に
願いの果てに
薄く紅を引いた少女の初恋が
清かなる湖に落とす
潤いは

しとん

しとん

今日という衣を濡らし
艶やかに
世界に輝きを教えてゆく

自惚れのダイアモンドを筆頭に
ざわつく片恋のエメラルド
清々しく伸びをするサファイアに
遠慮気味に凭れ掛かるルビーや
孤独に体育座りをする猫目石を含め
すべてのヒカリたちは
まるで甘酸っぱい果実のように
健やかなる微笑みを惜しげもなく
産み落としては
眩しく
光り輝く

ときにもどかしく
ときに居た堪れないほどに苦しくても
絶えることなく
時代を越えてゆくために

しとん

しとん

空の遥かに
祈りを
ひたりと貼り付けるようにして

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2009年 − 恋猫子猫

◆ 華 − 必ず両腕で抱き締めて

◆ 松 − 砂糖漬けの私

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system