トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

まっさらの砂地 (1.02KB)

ライン (4.75KB)
Dreaming

まっさらの砂地を歩いてみたいよ
まだ誰も、手も、足も、口すらもつけたことがないんだ
新品
と一つだけ違うのは
いかなる天才も作れないってことさ
誤魔化しは利かないんだ
融通も利かないんだ
風がすべったこともなけりゃ
陽の光が当たったことさえない
生まれる可能性のない砂地なんだ
その上を
はじめて
を、痛く噛み締めながら
歩き切ってみたいよ
恐らくは途中で挫折するんだろうな
けれど
チャレンジしたい
気持ちが大事なんだ
意志の在りようなんだ
何かは分からないんだ
ただ
茫漠と淋しく
放置されているものがあるような気がする
怖いんだ
そこにはいつの日にか
もっと、ずっとずっと先の未来でいいんだけれど
誰かが辿り着かなければいけない
そんな気がするんだ
そうしなければ
明日も、明後日も、しまいには昨日でさえも
やって来なくなるんじゃないのかな
そのうちに、ね
思うんだ
すごく感じるんだ
とても不安なんだ
きっと
こういう気持ちが忘れ去られたときに
ようやく
砂地は生まれるんだろうけど、さ
まっさらの
さらっさらの
記憶を持たない砂地が、さ

Winding

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2009年 − 恋猫子猫

◆ 麻 − まるで独り言のように

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system