トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

湯気 (0.56KB)

ライン (4.75KB)
浴場上がり
潤沢目尻
豊満の火照り
は、ダレのせいかしらん

まるで
森の都を彷徨するように
思案に没頭してはいたけれど
だからと言って
純に
のぼせた
事情、でもなさそうだわ

あなたは
私の許多(あまた)の
アイレン、の
溶かし込まれた水溶液に浸かり
如何なる深淵を
探究するのかしらん

 肌身から
 立ち上りつらなる湯気を
 濃やかに
 亡命させることなく
 堪能してくれるのかしらん

 隠れん坊な幼心を
 捜し出し
 まずは小心翼々と
 徐々に放胆、墜落するように
 アイヴしてくれるのかしらん

嗚呼
私はあなたのためだけに
凄艶なる
自明の
熱(ほとぼ)りを発しているみたいだわ

嗚呼
私はあなたにしか剥げない
まざまざしい
セイの
羽衣を纏っているようだわ

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2009年 − 恋猫子猫

◆ 夜 − 約束は数え切れない

◆ 松 − 砂糖漬けの私

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system