トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

冬日 (0.49KB)

ライン (4.75KB)
冬風
ひゅるりらら
緩む頬を強張らせる
寒い
を本当の意味で知ったのは
あなたに出逢ってから

はじめてのような感覚を
逢うたびに抱いてしまうのは
あたし一人だけなのかな
あなたはどう想っているのかな


冬日
シャンデリア
きらめく光の美しさ
暖かい
を教えてくれたのは
冬というそっけない優しさ

懐かしいと思う気持ちも
ちっとも嘘ではないんだよ
巡り逢うよりも遥か昔から
知っていたような気がするから


魔法で
震えがほどけたなら
あの場所へ
大好きなあの場所へ

小さな愛を告白したとき
あなたは小馬鹿にするれど
本当は恥ずかしいんだよね
言葉にするのも されるのも


はじめてのような感覚を
逢うたびに抱いてしまうのは
あたし一人だけなのかな
あなたはどう想っているのかな


懐かしいと思う気持ちも
ちっとも嘘ではないんだよ
巡り逢うよりも遥か昔から
知っていたような気がするから

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 歌詞集 − 愛の音を奏でたいのに

◆ 2009年 − 恋猫子猫

◆ 葉 − 裸足の足をぶつけ合いながら

◆ 梅 − どうしても文に残したいこと

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system