トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

焚き火 (0.71KB)

ライン (4.75KB)
薪をくべて欲しいの

暖炉の浅くにも
深くにも
より一層に
胸焦がす薪を

我がままをこぼすなら
手紙も添えて欲しい
たまには
頂戴
すぐに燃えて灰燼に帰すの
証拠なんて残らないから
私たちと暖炉とだけが知っている
覚えている
記憶
でいい

嫌なら
リップサービスでもいいわ
少女は野草の花束でも喜ぶもの
よ
ほんの少しの特別扱いでいいんだから
お嬢様
とか
お姫様
とか
呼ばれて
ね

もっと強く抱き締めて欲しい
今夜は健やかに眠りたいの
あたたかな貴方に包み込まれたまま
小舟で
夜月映る大海原を旅するように

二人でいたいの

いっそのこと
二人してありのままに灰色に生まれ変わって
風に
攫われたいくらい
ね

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2010年 − 貴方の添い寝待ち好い子

◆ 多 − 沢山は伝え切れない

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system