トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (4.75KB)

車窓より (0.92KB)

ライン (4.75KB)
車窓より

街明かりを辿っていると
ぼんやり
あなたのことが思い浮かぶ

まあるく柔らかな明かり
鉄砲百合のほころびゆくさま
持つべき余裕と
ひとひらの油断と

奥に隠れん坊の
無垢の少女の明かり
気持ちよく白く
清廉で正しく
ときにたくましく

薪の爆ぜる声
暖炉の喜ぶ音
日々
持ち歩いているもの
気づくことの大切さ

街明かりよりも無邪気の
何よりも美しい明かりが
部屋の隅々にまで駆けていくこと

道理で

夜が愉しいわけである

拍手する - 管理人が嬉しく飛び跳ねます (288B) 感想を伝える - 管理人が喜び走り回ります (166B)

ライン (4.75KB)

作品集選択へ戻る

□ 最近の作品集 − 瑞々しく愛は

□ 全作品集 − それでも足跡は残るから

□ 恋愛作品集 − 愛しの人を想って

◆ 詩集 − 魅了された流れ星

◆ 2015年 − 夢の中でついた嘘たち

◆ 紗 − 囁くことさえ知らずに

◆ 竹 − 腕の中で咲かせて

ライン (4.75KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

inserted by FC2 system