トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (3.55KB)

成長の欠片 (947B)

ライン (3.55KB)

日々のメッセージや独り言を書き連ねたメモ帳のようなものです。

宜しければご意見やご感想を 連絡箱 より頂けると幸いです。

流れ星の欠片へ戻る

◇ 200.
窓を全開にして、
心にdive!
ときめきにdive!

◆ 199.
元気いっぱい
笑顔もいっぱい

◇ 198.
木洩れ日の 優しき髪を 撫でながら
君と歩いた 思い出通り

◆ 197.
他人の身体を借りているみたいに
ふわふわ落ち着きがない

空を飛んでるかのような感覚に包まれて
ほわほわ落ち着きがない

◇ 196.
好きなもんは
仕方ない

◆ 195.
どの答えを導いても、正解
どの答えを選んだとしても、間違い

人生って、そういうものでしょう。

◇ 194.
「自分らしく」
これが何よりも大切

◆ 193.
つぼみが秘めた可能性を
摘む権利は、

誰にもない

◇ 192.
夏に 雪 が降った

◆ 191.
君が滅入っている時こそ
前を見て 君を見て

◇ 190.
夢を載せた紙飛行機は
きっとどこまでも飛ぶ、と

◆ 189.
行ってみたい。

私の知らない
どこまでも続く
青の世界へ

◇ 188.
たった一人の心に響く歌を歌いたい
他には何も望まない 他には何も求めない

◆ 187.
魔法使えば 君の元へと
飛んでゆく羽 生えるだろう

◇ 186.
光浴びたら 熟れてゆく
まあるい果実を いただこう

◆ 185.
日曜日の旋律
私専用の旋律

◇ 184.
恋に生きる星がいます

◆ 183.
星の恋は、もっと残酷です。
人の恋より、ずっと辛いのです。

◇ 182.
ますます磨かれてゆく美しさ
こんなに夢中にさせてどうするの、憎たらしい

◆ 181.
木漏れ日と手を繋いで
空いている手は君専用

◇ 180.
陽を浴びて 貴方の側で 愛熟れる

◆ 179.
カラッと晴れた空
嗚呼 喉が渇いた

◇ 178.
人は何の為に生まれて来るのか
その答える知る人はいない

でも自分が何の為に生まれてきたのか
その答えは絶対見つけて欲しい

◆ 177.
力一杯笑ったら
何かが変わるかもしれないよ

◇ 176.
自分の人生は、自分で決めましょう

◆ 175.
貴女に逢えて
貴女を好きになれて
本当に良かった

◇ 174.
同じトラックを走らせて楽しいのだろうか
走る道は自由なはずなのに…

◆ 173.
いい大学、いい成績、いい会社、いい人生
私は、そういう考え方は大嫌い

◇ 172.
今を捨てても
未来は君といたい

◆ 171.
貴方の気持ちに気付いていたのに
見て見ぬ振りをしたのは…私

だから当然だよね

手に入らぬモノにしたのも、私だもの

◇ 170.
泣きました 貴方の隣 雨と共に

◆ 169.
空はどうしてあんなにも綺麗なのか
問い掛けたくなりました。

◇ 168.
子どもって幸せだね
何も知らないって幸せだね

◆ 167.
子どもは早く大人になりたいと言う
大人は子どもの頃に戻りたいと願う

私も子どもに戻りたい

◇ 166.
思い込みも 時には大切

◆ 165.
夏の私の口癖
暑い・だるい・面倒臭い

◇ 164.
見る夢の世界より
この私たちの世界の方が
ずっと夢で溢れているよ

◆ 163.
過ぎ去る時間だけが
私の心を癒した

◇ 162.
出会うべくして
出逢ったんだ

そう思いたいよ

◆ 161.
記すことで
哀しみが薄れるのなら、
それもまた然り

◇ 160.
願うだけで
いいのだろうか

◆ 159.
最近になってやっと気付いた
夜の学校の魅力に

今なら是非忍び込んでみたい
もう無理だけど

◇ 158.
何度も何度も
後悔を重ねても

私は後悔することを
決して止めたりはしない

◆ 157.
微笑みは温もりで
温もりこそ微笑み

◇ 156.
四季の中で何が好き?

私は1番なんて決めれない
どれも好き

だって私は、欲張りだから

◆ 155.
思いっきり 叫んでみたい
嗚呼 子どもの頃ならできたのになぁ

◇ 154.
車内から覗く街明かりは
いつ見ても
帰宅する家族みたい

◆ 153.
僕らの明日はずっとあるかのようで…

◇ 152.
君が歩んでも 立ち止まっても
時は足を止めたりはしないよ

◆ 151.
これは、
悲しみを紛らわすためじゃなく、
君に捧げる涙

◇ 150.
零れ落ちる君の涙を
身体いっぱいに受け止めるから
お願いします。

今日は「晴れ」を下さい

◆ 149.
空が哀しんでいる。
子どもはレインコート着て、長靴履いて
水たまりではしゃいでいる。
私はそれを遠めで見ている
ずっと雨に打たれながら…

◇ 148.
風が私の心をさらって行く
いっそ、私ごとさらってほしい

◆ 147.
軽い何気ない「ありがとう」も
力強い伝えたい「ありがとう」も
心を込めた美しい「ありがとう」も
決して忘れたくない「ありがとう」

◇ 146.
夢の中でも
逢えたら嬉しい

◆ 145.
君の涙で僕の灯が消えるなら本望

◇ 144.
標識なんてないけれど
私から貴方へ
昔も今も 一方通行

◆ 143.
少し雨宿りさせて
空が平穏な白を取り戻すまで
褪せていく心を休ませたいの

だからアナタの胸で 雨宿り

◇ 142.
下ばっか見ないで
前向いて歩こう

◆ 141.
何もまだ 始まってないじゃん

◇ 140.
挫けずに 立ち向かいたい 片思い

◆ 139.
今 出会いたかった…

◇ 138.
ただ涙が流れた

◆ 137.
空を仰ごう
遠くを見つめよう
明日を迎え入れよう

◇ 136.
カメラなんて要らない
鮮明に残したい気持ちがあれば
アナタの瞳に焼き付けられるはず

◆ 135.
こんな苦しみを胸に宿すなら
もう二度と恋なんてしない

そう思うのに、
恋は捨てられない

◇ 134.
君に近付けば近付くほど
君が遠のいて行く気がする

◆ 133.
闇夜の中、微笑む君は
明日の光だけを見てる

◇ 132.
人が記録を塗り替えてゆくように
この世界も記録を生み出してゆく

環境や自然の崩壊によって…

◆ 131.
どんな状況でも
どんな場面でも
最適な言葉なんて存在しない

だからこそ自分らしく
伝えたら良いと思うんだ 

◇ 130.
愛が欲しい
コトバは要らない
ただ抱き締めて 

◆ 129.
お願いだから、
最後に1つだけ聞いて

「愛してる」 

◇ 128.
憧れという世界の果てで
君を抱きしめ、君にキスした。

◆ 127.
あなたを胸に秘めて啼く

◇ 126.
私が私であるために
アナタをずっと愛していたい
苦しみながらいつまでも

(mixi3行ラブレターより 私の作品)

◆ 125.
天使の羽
ふわり 舞う
風が悪戯(いたずら)
ふわり 逝(ゆ)く

◇ 124.
他人の価値観に合わせて生きてたら、
疲れちゃうよ

無理しないで

◆ 123.
一番近くで 見ていてくれませんか。

◇ 122.
写真
それは、過去への乗車切符

◆ 121.
眼差しの向こうに君がいる

◇ 120.
私は思い出のかたまり
そして思い出の一部が私

◆ 119.
愛に独り、溺れるくらいなら
私は記憶喪失を望みます。

◇ 118.
慈しむ愛情
湧き上がる憎しみ
全て消しゴムで消したい

◆ 117.
遣らずの雨
これは君の心ですか。

◇ 116.
篠突く雨の中
独り忍び泣き

◆ 115.
出逢いはざわめき
別れは始まりの挨拶

◇ 114.
愛は心の叫び

◆ 113
悲しみも今 涙に溶かし お別れ

◇ 112.
散る桜 残る桜も 散る桜 
(良寛和尚辞世の句)

◆ 111.
悟りを必要としない
真理を求めぬ心こそ

真の悟りである

◇ 110.
手を使わずに
貴女を抱くよ

◆ 109.
君は僕を死に至らしめる毒
それでも僕は、君を求めてしまう

◇ 108.
悲しみに打ちひしがれる背中
以前よりもずっと、抱きやすくなった。

◆ 107.
生きた心地がしないの
貴方のそばにいないと…

◇ 106.
道があるから歩むんじゃない
私の歩んだところが「道」なのだ

◆ 105.
心にきな粉まぶして
フォークでつついて食べる

ああ、なんて美味なんでしょう。

◇ 104.
ifは歴史にはない
ifは過去にもない
全ては現実、受け入れよ

◆ 103.
恥ずかしくても、愛に生きています
照れながらでも、君だけを見ています

◇ 102.
嫌じゃない むしろ好き

◆ 101.
これ以上、苦しませないで
これ以上、夢を魅せないで

流れ星の欠片へ戻る

ライン (3.55KB)

せいちょうのかけら (1.19KB)

ライン (3.55KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

全ての作品のコピー・配布・無断転載は固くお断りします。

inserted by FC2 system