トップ手引き私紹介日記帳作品集リンク連絡箱

ライン (3.55KB)

純粋の欠片 (1.00KB)

ライン (3.55KB)

日々のメッセージや独り言を書き連ねたメモ帳のようなものです。

宜しければご意見やご感想を 連絡箱 より頂けると幸いです。

流れ星の欠片へ戻る

◇ 1000.
愛してる という響きを

◆ 999.
欠けない心で
世界を見ていたいだろう

◇ 998.
長い首を隙間なく
ぴたりと密着させたキリンの
安心感

◆ 997.
あなたが微笑むとき
あなたの頭上には
見事なひまわりが咲きます

◇ 996.
世界は
願いをあつめて
必死になって
生きようとしている

◆ 995.
メロウ あなたは歌を歌いなさい

◇ 994.
心もとない 愛でも

◆ 993.
道なき道を進むのに
かならずしも
乗りものが必要になるわけではない

◇ 992.
いいことを
拾っていきたいよね
拾われていきたいよね

◆ 991.
言葉を上手に扱うことは、
人の心の隅々までを
気遣うことぐらいに難しい

◇ 990.
笑って 笑って
前を向くんだ

◆ 989.
どんぐりが くしゅん と
くしゃみをしたので
私は帰宅時間が迫ってきたことを知る

◇ 988.
乾いたどんぐりがころころと笑えば
私もつられてけらけらと笑う

◆ 987.
ぼくは
いままで
かなしい
と
くちにして
かなしくなかった
ためしがないんだ

◇ 986.
愛は
目に見えない

◆ 985.
とおいみらいに
しわしわのわたしたちは
よりそいあうのよ

◇ 984.
さようならに恋をした
少年の頬

◆ 983.
迷子になるのなら
誰かと一緒になればいい

◇ 982.
あなたのせいよ
愛のせいよ

◆ 981.
出逢った頃は一枚の木の葉でした
裸のまま 風に揺られ
心の揺れ 紛らわせていたのです

◇ 980.
痛みともに 前へ 前へ

◆ 979.
大切な人の涙を
拭える人でありますように

◇ 978.
山も 川も 風も
歌を歌っています

◆ 977.
怒っても ちっとも楽しくなんかない

◇ 976.
心の声を 拾ってあげたい

◆ 975.
明日の光に何を見出すの

◇ 974.
あなたの作った バナナケーキ

◆ 973.
宛てなく
恋に落ちるのは
極自然なこと

◇ 972.
胸をすくような笑顔の 苺大福

◆ 971.
泣き止んだら 下手くそな虹を描こう

◇ 970.
生クリームみたいに
柔らかくて
ふんだんに甘い ひとときを

◆ 969.
あなたの後姿に
安堵しつつも
胸高鳴らせてる

◇ 968.
何でもないような言葉が
忘れられないんだ

◆ 967.
異なる二つのものなのに
私はあなたから与えられた
生きることと恋することとを

◇ 966.
言葉にならない 想い 抱えてる
きっと 誰もが

◆ 965.
指の先 神経の先までを 愛すから

◇ 964.
宇宙に放り出されたような
どうしようもない抱擁

◆ 963.
静かな湖畔の
かすかなる動き

◇ 962.
愛を磨き上げることに
全力を賭すでしょう

◆ 961.
光の中で
あなたを見たんです

◇ 960.
突き抜けていけたら
怖いものなんてないだろうに

◆ 959.
始まって終わるんじゃない
始まってまた始まるんだ

◇ 958.
何かがなくても
僕らがいるなら

◆ 957.
人に当たり前に
優しく接するということの
難しさ

◇ 956.
たとえ、誰もが望んでいないことであったとしても

◆ 955.
完全に凡てを失ったかもしれなかった―
を、思うと、
今の状況も凄く幸せなことなのでしょうね

◇ 954.
どんぐり ころころ どこでも笑うの

◆ 953.
素直な気持ちを
大切に分かち合っていたい

◇ 952.
はらっぱ
ラッパ
今日は良い天気だ

◆ 951.
口に出さなくて伝わることでも
口に出すべきことは多いはず

気持ちを大切にしよう

◇ 950.
透き通る柔肌に
衣服の滑り落ちる音

◆ 949.
悲しみがあるのなら
分かち合える人を探しましょう
大きな悲しみで
大きな海を作りましょう

◇ 948.
暗闇の中の二人は
どこまでも子ども

◆ 947.
清々しく伸びをするサファイアに
遠慮気味に凭れ掛かるルビー

◇ 946.
私はあなたに恋をした
一筋の流れ星です

◆ 945.
悪戯な瞳で私のことを映すのは
大罪です

◇ 944.
あなたに思いの丈すべてを伝えられるなら
私は私という存在をこれっぽちも証明できなくても
十分に満足です

◆ 943.
あなたが私の名前を呼んでくれています
愛々しく
聞き慣れたコードで

◇ 942.
世界の果てで
小さな花を見つけたような感覚で
あなたに恋を

◆ 941.
あなたを想うときの
私の精神は
決まって
練乳イチゴのように切ない

◇ 940.
あなたを想うときの
私の血液は
恐らく
牧場ミルクのように甘い

◆ 939.
私が未来を予想するなら
私と
あなたとは
毛布でくるまる運命でしょう

◇ 938.
私を可愛がってくれる人は
世界一の甘党です

◆ 937.
真夜中の寂しさに
疼く痛みもあるでしょう

◇ 936.
僕らはいつも
僕らなんだ

◆ 935.
透き通るように
誰かを愛せたらと思う

◇ 934.
あなたの片耳ふさいで
余った耳元に「好き」を呟いたら
酷く不器用な私でも
二倍の気持ちが伝えられますか

◆ 933.
全身の力抜いて休憩するついでに
愛のあるマッサージは如何かしら

◇ 932.
負けたくないときは
負けてもいいときなんだよ
実際問題
負けたりしないんだけど

◆ 931.
あなたの笑顔は
まるで雪融け

◇ 930.
あなたに巡り逢ってから
何かが大きく
変わったよ

◆ 929.
鈍色の空に
深海の魚は泳ぐことを許されません

◇ 928.
哀憐 帯を結びますか
哀憐 帯を緩めますか

◆ 927.
こよなく 愛おしい と

◇ 926.
私たちはどちらも
大きい存在なんだよ

◆ 925.
あなたを色濃く感受する
ひとりポッキーの夜

◇ 924.
遠くの空でもいいわ
流星が結ばれてくれるなら

◆ 923.
勇ましく 共にゆこう

◇ 922.
ふたりは
一体どんな風にして
歳を重ねてゆくの

◆ 921.
廃れることなく
途切れることなく
健やかなるものであるために

◇ 920.
思い切りの 抱擁で

◆ 919.
恋染みを綺麗になぞる指先

◇ 918.
恋猫子猫

◆ 917.
無邪気に愛を叫びたいよ

◇ 916.
透き通るように恋しく 痛み

◆ 915.
少し手を伸すだけで
容易に届くでしょう
まるで零れ落ちるかのように
愛おしい光にも
まるで羽根を広げるかのように
満ち足りた笑顔にも

みんな

新しいを迎え入れていくんだよ

◇ 914.
小さな傘が一つしかないのなら
いっそ二人で濡れてもいいよ

◆ 913.
口にしたいのは
あなたという潤い

◇ 912.
夜空に散りばめられた
ビー玉の弱音

◆ 911.
優しい溜め息で 眠りに就かせて

◇ 910.
夢見る雫で 灰色の夜に 潤い酔う

◆ 909.
恋しい温もりを 珈琲へと溶かして

◇ 908.
冬風に 恋人たちは 寒がりの頬を

◆ 907.
あなたの笑顔を見ると
それだけで
僕は幸せな気持ちになれるんだ

◇ 906.
あなたの笑顔は 幸せ そのもの

◆ 905.
空風に吹かれて 貴女の頬が紅潮する

◇ 904.
優しくしてあげたい
人がいるでしょうから

◆ 903.
冬は声張り上げて
全身でラブソング歌うんだ
そしたら温かいから

◇ 902.
すぐにでも分かち合おう 頬の温もり

◆ 901.
少女のような 恋 でいい

流れ星の欠片へ戻る

ライン (3.55KB)

じゅんすいのかけら (1.23KB)

ライン (3.55KB)

あたまてびきわたしにっきさくひんつながりてがみ

全ての作品のコピー・配布・無断転載は固くお断りします。

inserted by FC2 system